NEWS

< BACK
2015 02 20

杉本博司 最新作『月下紅白梅図』公開
(MOA美術館)

現在、MOA美術館にて杉本博司の最新作『月下紅白梅図』が展示されています。 (2015年 3月3日 終了しました)

本作は、尾形光琳の300年忌を記念した特別展「光琳アート―光琳と現代美術」のために制作された作品です。日本の古美術、古典、古典芸能への造詣が深い杉本が、同館が所蔵する光琳の国宝『紅白梅図屛風』を本歌取りし、モノクロームで「月夜の梅」を見立てました。プラチナ・パラディウム・プリントによって漆黒の闇の深さ、流水に冴え冴えと映える月明かりが際立ちます。世界最大サイズのプラチナ・パラディウム・プリントで、また、表具師によって屛風仕立てとなった希有な写真作品です。会期は3月3日までですので、ぜひこの機会にご高覧ください。

展覧会情報

杉本博司 『月下紅白梅図屛風』
会期: 2015年2月4日(水)~3月3日(火)
休館日: 毎週木曜日(祝日の場合開館)
会場: 静岡県熱海市桃山町26-2
TEL: 0557-84-2511
URL: http://www.moaart.or.jp/exhibition/korin/
開館時間:9時30分~16時30分まで(入館は閉館30分前まで)

Related Articles